CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>「中京・風の舎」が、住まいのリフォームコンクールにおいて、国土交通大臣賞(最優秀)を受賞

新着情報

新着情報

加茂 みどり

2018年09月12日

「中京・風の舎」が、住まいのリフォームコンクールにおいて、国土交通大臣賞(最優秀)を受賞

 


 「中京・風の舎(ナカギョウ・カゼノヤ)」は、実験集合住宅NEXT21での居住実験を含むこれまでの研究成果をふまえて、リフォームを行ったマンション住戸です。

 

【設計】 三澤文子((有)エムズ建築設計事務所)+

            加茂みどり(大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 主席研究員)

【施工】 (株)夏見工務店

【「中京・風の舎」でめざしたこと】

母親と、2人の子(中学生と小学生)の住まい。子の成長に伴い、収納空間を確保しながら個室を設け、集合住宅特有の風通しの悪さを解消し、住戸の温熱環境の向上を目指しました。

 

間口いっぱいの玄関土間を設け、各個室に直接出入りでき、子供が身の廻りのことを自分で行い自立することを促しました。東西は個室が「続き間」で並び、中央廊下は「図書室」とし、研究者である母の書籍が両脇に並びます。「摺り上げ下げ障子」により3本の風の道ができ、視線を気にせず爽やかな風を通すことが可能となりました。

 

リビングダイニングはキッチンとつながり、大きなテーブルを囲んでの交流ができます。母の書斎を囲む壁は撤去可能とし、子ども独立後はLD空間を拡張可能としました。絵画や彫刻など、先代から引き継いだ物に居場所を確保しました。中間領域(土間)を設けることや内窓と障子による断熱性能の向上、漆床や柱・差し鴨居の木組みという伝統的手法の活用、共用廊下に対する障子の温かみのある風情など、日本の居住文化を承継し、気候風土に合った住空間が、現代の集合住宅に実現できることを示しました。

 

皆様のご指導に御礼申し上げます。

  

土間を確保し、ソトからの訪問者を一旦受け止める場とする/風の抜ける家/

つながりを育む家/木に囲まれて暮らす/

先代から引き継いだものを次世代へ(住み継ぐ家とモノ) /子どもの自立に向けた準備/

子どもを育てやすい家/健康に住まう家/環境にやさしい家

 

*住まいのリフォームコンクールは、昭和60年より毎年開催され、今年で第35回を迎え、応募総数は474件でした。(主催:公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センター、後援:国土交通省等)住まいのリフォームを対象としたコンクールとしては、国内で最も歴史のある賞です。


*「中京・風の舎」は、下記コラムでもご紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

コラム「これからの住まいを考える」

(1)中京・風の舎(ナカギョウ・カゼノヤ)」が竣工しました

   http://www.og-cel.jp/column/1268771_15959.html

(2)風の抜ける家―外とつながる暮らし―

   http://www.og-cel.jp/column/1270029_15959.html

(3)ウチであり、ソトでもあり ―領域の重なるところ―

   http://www.og-cel.jp/column/1271032_15959.html