CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔フォーラムvol.10 復活!現代版「汁講」=「知る講」 -交わりの都市文化の真髄へ- を開催します

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2018年08月06日

上町台地 今昔フォーラムvol.10 復活!現代版「汁講」=「知る講」 -交わりの都市文化の真髄へ- を開催します

上町台地・今昔フォーラム vol.10 

復活!現代版「汁講」=「知る講」

 

味噌汁坊一禅こと幕末大坂の稀代のクリエイター・暁鐘成も開いた「汁講」に倣って、

風雅に集い、汁(知る)を分け合い清談し、食が結ぶ交わりの風土の真髄に迫る

 

上町台地 今昔タイムズ」*第10号では、「稀代のなにわ名所案内人 暁鐘成と再びめぐる 上町台地 食が結ぶ 高低・聖俗交わりの風土」をテーマに、幕末・大坂の博覧強記の絵師・戯作者“暁鐘成”のまなざしを通して、上町台地を舞台に「食」(名所・名物)と都市の関係を読み解き、今、改めて都市に求められる機能と価値を捉え直す機会としました。

その編集の過程で、心惹かれる一枚の絵に出会いました。味噌汁坊一禅とも名乗った、暁鐘成が亭主と思しき「鐺(なべ)日(び)清談家 会合の図」。月ごとに風雅なる友が集い「汁講」なるものを開催し、世の中のことを語り合ったとあります。そこで、今回のフォーラムでは、この魅力に富んだ知的営みを現代版「汁講」として復活開催し、亭主役及びゲストの方々のリレートークとご来場のみなさまを交えたクロストークから、「台地」と「食」が結ぶ大阪ならではの交わりの風土・都市文化の真髄に迫り、その再起動に向けた知の交換・共有の場とします。

 

■ 開催日時: 2018年9月8(土)14:00〜17:00頃  ※受付は13:30から

■ 会  場: 大阪ガス実験集合住宅NEXT21 2階ホール 大阪市天王寺区清水谷町6-16

(地下鉄「谷町六丁目駅」7号出口から徒歩5分ほど)

 

■ 出演者(順不同、敬称略):

亭主役_

羽雀摂津爺(橋爪節也/大阪大学総合学術博物館教授・文学研究科教授兼任)

客 役_

美食道探究(栫山一希/日本料理「かこみ」店主)

路地廼家なでしこ(ワタナベナオミ/からほり倶楽部理事・からほりごはんのなかのひと)

鶴亀家満月(古川武志/なにわうまいもん探検隊長・大阪市史料調査会調査員)

上方再起堂(池永寛明/大阪ガスエネルギー・文化研究所所長)

 

■ プログラム(予定):

14:00〜14:15=開会 ご挨拶・趣旨説明(汁講についてなど)

14:15〜14:45=亭主役及びゲストのみなさまの自己紹介 

14:45〜16:15=リレートーク(亭主による暁鐘成の人物像と、鐘成をめぐる人とまちの関係性、都市文化の読み解きに続き、ゲストそれぞれの立ち位置から、大阪と上町台地の「食」(名所・名物)を通した人の交わり・文化のあり様についてコメント、その真髄とは何かに迫ります)。

16:15〜17:00=クロストーク(ご来場のみなさまを交え、鐘成のDNAを受け継ぎ、「台地」と「食」が結ぶ大阪の高低・聖俗交わりの風土の再起動に向けて、知の交換・共有の場とします)。

 

◎参加申込: 参加者名・所属・連絡先を書いて、FAX.06-6205-3512(CEL弘本)へお申込みくださるか、

以下の申込みフォームをご利用ください。

https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/33237

 

◎定 員:50名程度 ※参加無料

◎問合先:CEL弘本(電話 06-6205-3518)まで 

 

■主 催:大阪ガスエネルギー・文化研究所(CEL)

 企 画: U-CoRoプロジェクト・ワーキング

 

*「上町台地・今昔タイムズ」のバックナンバーや、プロジェクトの歩みは、ホームページでご覧いただけます。
http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html

 


(3,491KB)