CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>巻頭エッセイ「多様な交わりを支える企業と地域の文化を耕す」が『DAWN通信(第28号)』に掲載されました。

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2018年03月26日

巻頭エッセイ「多様な交わりを支える企業と地域の文化を耕す」が『DAWN通信(第28号)』に掲載されました。

【レポートタイトル】
「多様な交わりを支える企業と地域の文化を耕す」

【掲載紙】
ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)
ニュースレター『DAWN通信』第28号(2018年2月28日発行)
巻頭エッセイ

【概要】
単身者がマジョリティとなった社会に潜在する課題をCELの調査から探り、個々の自尊感情や他者への共感性を育むために、地域・社会とのつながりを実感できる場を介した多様な交わりの重要性を提起。

※なお同号の特集は「ダイバーシティ(多様性)推進の取り組み」で、アンケート調査に基づいた研修プログラムやサポートデスクのメニュー等を紹介している。詳細はドーン財団ホームページで案内。

http://www.dawn-ogef.jp/profile/supportdesk.html


(120KB)