CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔タイムズvol.10 「暁鐘成と再びめぐる上町台地 食が結ぶ高低・聖俗交わりの風土」

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2018年03月26日

上町台地 今昔タイムズvol.10 「暁鐘成と再びめぐる上町台地 食が結ぶ高低・聖俗交わりの風土」

上町台地 今昔タイムズ vol.10  2018年 春・夏号

「稀代のなにわ名所案内人 
 暁鐘成と再びめぐる上町台地 食が結ぶ高低・聖俗交わりの風土」


企画・編集: U-CoRoプロジェクト・ワーキング ※

発行: 大坂ガス エネルギー・文化研究所(CEL)


要旨:  幕末・大坂に稀代のクリエイターがいました。その名を、暁鐘成(あかつきかねなり)と号し、縦横無尽の知と鋭い感性でなにわの地理・歴史・風俗を記録。不朽の名所案内記『浪華の賑ひ』や『摂津名所図会大成』を著しました。大の食通でもあった鐘成が、五感六感、五臓六腑で捉えた上町台地の味はまた格別。高きも低きもともに興じ、聖も俗もともに食らう。各地から人々が訪れるまち・大坂を一望に眼中に収め、名物の食を通してこの地と交わりを結ぶ。それは、今に通じる、訪れる旅人の作法・受け入れるまちの作法でもあることに気づかされます。


※同タイムズのバックナンバーを含む、U-CoRoプロジェクトの全コンテンツは、下記URLでご覧いただけます。

http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html



U-CoRoプロジェクト/上町台地 今昔タイムズvol.10