CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2019年01月29日 by 池永 寛明

シマノ「Cyclingood」20号に池永所長が登場

株式会社シマノさんが発行されているフリーペーパー「Cyclingood(サイクリングッド)」20号に池永所長のインタビュー記事が掲載されました。


テーマは「人力万歳」。

「自転車って〇(まる)なんです。タイヤやベアリングの形も〇(まる)。人の輪をつくり、縁を生みだすという意味でも〇(まる)。さらに自転車の転とは轉(ころ)のことで、ころがす。つまり自分でペダルを踏むという意味がある」。

インタビューは池永ワールドで自転車文化について3時間におよびました。「知性」「感性」「社会性」を混じりあわせることによって、幸せがうみだされる。幸福をつくる、これからの人とまちと自転車について語っています。


とてもシャープで魅力的なシマノさんのフリーペーパー「サイクリングッド」は、以下のアドレスよりダウンロードができます。

https://bike.shimano.com/ja-JP/information/cyclingood/cyclingood-dl.html