CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2018年11月15日 by 池永 寛明

【耕育篇】 指切りげんまん、嘘ついたら針千本飲ます

  


指切りげんまん、嘘ついたら、針千本飲ます」 子どものころ、このわらべ歌をくちずさみ、指を絡ませ、「指切った」と指をはなして、約束をかわした。見た目は愛らしいが、なんとなく不気味なフレーズとメロディで、約束したことは絶対に守らないと大変なことになると感じていた。


大きくなって、このわらべ歌が江戸の吉原の遊女が意中の男性に、「愛情のあかし」として小指の第一関節から先を切って渡した「指切(ゆびきり)」が由来だと知った。約束は絶対に守ってと。この流行が広がるなか、指切だけではすまなく、「拳万(げんまん)」、約束を破ったら、げんこつ1万回の「制裁」が加わる。痛い。さらに「嘘ついたら針千本飲ます」まで「制裁」が追加される。とんでもないことになる。嘘ついたらあかん、約束を守らないとあかん、絶対に。守らんかったら大変な目にあうと、わらべ歌となって、子どもたちは教えられてきた。


童話や童謡で、その国の社会規範がなにかが見えてくる。その国の人々が子どものころに読んだ「童話」によって、その国に育った人の原体験をたどることができる。日本では「鶴の恩返し」「笠地蔵」「かぐや姫」「浦島太郎」「桃太郎」「はなさかじいさん」「かちかち山」「おむすびころりん」「舌きり雀」などの童謡にて、年寄りに優しくしないといけない、嘘をついたらいけない、正直に生きなさいとのメッセージが子どもの心に手を変え品を変え、刷りこまれた。


さらに「まんが日本昔ばなし」のテレビで、「人に優しく」「正直に生きる」「嘘つかない」などの価値観・行動様式が毎週のように再生産されていった。また日本的に解釈・編集されたテレビの「フランダースの犬」での、ネロと愛犬パトラッシュのラストシーンに、日本人は「可哀想」だと涙した。こういう可哀想な状態が我慢ならないのが日本人。翻って、決してそういう想いをさせてはいけないと日本人はずっと考え、行動してきた。


地震、台風、豪雨の頻発で悲惨なことがいっぱいおこっている。山が崩れ、川が氾濫し、人が土砂に埋まった、最後の一人を見つけるまで、警察や消防や自衛隊が出動し探す。だれ一人、土に埋まったままにしない。そんな可哀想なこと、気の毒にさせたままにしない。どれだけコストがかかろうとも、必ず最後の一人まで見つけようとするのが日本である。海外はそこまでしない。日本人は「だれ一人、可哀想な状態にさせない」という想いで、みんなで頑張る。子どもたちに読みきかせる童話・童謡だけでなく、まわりのみんなが具体的に黙々と実践している姿をみて、そうだと感じて、自分もそうしてきた。ただ最後まで土砂に埋まった人を探し出すという考え方と、投資効率や費用対効果という「地域経営」の考え方とは相克するが、「生命を守る」以上に大切なことはないと、日本は「覚悟」をきめて、ずっと行動してきた。


土砂埋めになったり、家がつぶされたり流されたり、津波でまちそのものが流された情況に接し、もとの姿に戻す、川は切れないよう、山は崩れないようにするという「治山治水」を日本は古代から現代までずっと取り組んできた。日本は7割が森林で、河川は毛細血管のようになっている。雨が多く、山がで、谷が多いため、川が必然的に多くなる。土地が平坦な国だと大河となるが、日本はものすごい量の川なので、川ごとに投資しないといけない。そうしないと、人の生命が危ない。「生命を守る」が安全・安心な国づくりの原理・原則である。


人が殆ど住んでいない山や川や集落に、そんなに金をかけるべきではない、車が殆ど通らない道路のガードレールみたいな公共投資は不適切であるという議論と、生命を守るための「治山治水」の考え方とは相克する。だから、私たちは「覚悟」をもたないといけない。なにかにお金をつかうということは、別のどこかにお金を使わないということである。地域経営しかり、企業経営しかり、効率性重視、経済性重視で失ってしまったことがある。コンプライアンスという横文字が流行っているが、だれをも可哀想なままにはしない、生命を守ること、嘘はつかないこと、日本人が大切にしてきた考え方を失ってはいけない


(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  1023日掲載分