CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2018年08月31日 by 池永 寛明

【起動篇】 “見立て”の日本文化を生んだ上方

デンマークの陶磁器ブランド、ロイヤルコペンハーゲンが、日本の古伊万里や有田焼から影響を受けたことはよく知られる。首都・コペンハーゲンで、開催されている「Learning from Japan(日本から学ぶ)」展を訪れると、これまで知られていなかった“日本”の姿が見えてきた。


それは、1867年のパリ万博を契機とした欧州での北斎や広重などの「ジャポニズム」ブームにとどまらない。幕末から現代までの時間軸で、美術・工芸のみならずファッション、建築、住文化など広範囲にわたる日本の文化が伝わり、「デンマークデザイン」が形成されていくプロセスが理解できる。日本人が抱く北欧デザインへの親近感は、そこに日本の“面影”を見るからかもしれない


欧州で日本文化が評価され、日本を代表する上方の社寺や庭園、町家つらいなどが外国観光客に評価されるのは、上方の持つ「ミニマリズム」デザインにあると考える。


このミニマリズムを「最主義」と訳したのでは伝わらない。華美を排したシンプルさは、自然に生まれたのではなく、徹底的に計算し、つくり込まれて、真の美を生み出す。そのミニマリズムの方法論が「見立て」である。あることを伝えるために他になぞらえるという手法で、古来、和歌や俳諧の技法でもあった。


その「見立て心」に立脚し新たな価値を生み出したのが、堺の茶人・千利休である。代替でも喩えでもなく、物事の本質を見抜きフォーカスする「見立て方法論」を構築する。それは茶道にとどまらず、建築、生活文化、料理などに及んでイノベーションを起こす。それが江戸に伝わり、世界に広がったのである。


エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明


産経新聞夕刊  319掲載分