CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2018年07月27日 by 池永 寛明

【起動篇】 前提条件を外す日本、過去を振り返るときに神になる日本

 


「信号を渡っていたら怪我をした。信号が変わるのが早いんだよ、なんだよ」と、文句をいう。実はこの人は赤信号なのに渡って、怪我をしたのだ。プロトコルやルールを守らず、「なんとかしろ」という。真逆の話になっている。このように「前提条件」を外す人がいる。どうしてこんないい方をするのだろうか。


先日、高校生たちが過呼吸でバタバタと倒れた。「子どもが倒れるまで、叱るなよ」と、高校生たちを注意した先生の方がいけないという論調がでてくる。倒れた高校生たちがバス出発の集合時間に大幅に遅れたという「前提条件」が外れ、バタバタと倒れたという「現象面」だけをとらえ、真逆の話になる。どうしてこんなことになるのだろうか。


「過ぎたことを振り返るとき、人は神になりうる」と、司馬遼太郎氏が「坂の上の雲」で書いた。大地震などの災害がおこったときに、「私は前から予想していた」という専門家があらわれる。今回の大阪北部大地震でも、あらわれた。大阪府高槻市立寿栄小学校の4年女児がブロック塀の下敷きになって亡くなられた事故以来、ブロック塀問題がヒートアップする。地震問題よりも、むしろブロック塀問題に論点が移る。そして「ブロック塀がずっと気になっていた」「問題だと思っていた」という人が続々とあらわれる。まさに人は、「過去を振り返ると、神になる」のだ。なぜこんなふうになるのだろうか。


3月に「世界一住みやすい」といわれるデンマーク・コペンハーゲンの世界的都市デザイナー・ヤンゲール氏の設立した「ゲール」を訪れた。1960年代のコペンハーゲンは、人口過密し、まちは工場の煙で汚れ、人々は都心部から綺麗な空気を求めて郊外に出ていった。その頃よりゲール氏は、コペンハーゲン市とともに、人間中心のまちづくりをすすめる。


「“まちは誰のためであるのか”からスタートする。たとえば人々はその場所でどんな夜をすごしたいと望むのか、と“人々の生活”を第一に、まちの現場に立ち人々の行動を観察し、過去から現在の時の流れを見つめ、まちのあるべき姿を考える。そしてそのあとにスペース・空間を考え、最後に建物を考える。決して建物を考えることから始めない。どんな建築にするのか、どんな機能にするのか、どんな材料にするのかは、それはそれで大切だが、人から始める順番を間違ってはいけない」


「人間中心のまちづくりをすすめ、コペンハーゲンの中心部に人々が徐々に戻ってきた。ただかつてよかったころのまちに再興すればいいのではなく、“新しいやり方”でつくりなおす。人々がまちのなかですごすこと、建物との間でおこること全ての体験・プロセスを観察し、建物と建物の間でおこること、プライベートとパブリックの相互作用、インドアとアウトドアの相互作用、住空間と職場の相互作用を考え、人々にとってよりよいものをうみ出していくことが、住みよい、働きよい、訪ねたいまちとなる道である」


日本は、商品もまちも、なにごとも「モノ」から出発しているのではないだろうか、とコペンハーゲンを歩きながら感じた。デンマークも、1960年代まではそうだった。コペンハーゲンの人々は。60年代にそのことに疑念を抱き、時間をかけ、人間中心のまちへと変えていった。その変化は決して大きな動きではなく、ゆっくりゆっくりと変えていった。


1960年〜70年、日本は高度経済成長に突っ走っていた。モノづくり日本でつくられた製品は世界を席巻した。そのころデンマークでは、モノづくりから人間中心に転換していた。まちづくりだけではない、「デンマークデザイン」が独創的な商品を次々とうんでいった。


そのデンマークで開催されている2015年からつづく「Learning from Japan」展を観て,圧倒された。デンマークは1870年から現代にかけて150年以上も、日本に学びつづけているという展示会だった。デンマークは日本から表面的な意匠のみを学んだわけではなく、日本のデザインのもつ本質を掘りおこし網羅的に学び、自国の戦略として昇華していたのだ。今こそ日本はデンマークに学ぶべきことが多い


(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  627日掲載分