CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>研究領域>加茂 みどり

食・住まい

加茂 みどり 新着情報 論文・レポート コラム NEXT21

少子高齢時代に対応し、それぞれが望む豊かな生活を実現する住宅を研究

実験集合住宅NEXT21における居住実験を竣工以来担当しています。少子高齢化に対応した住宅の課題を検討し、その解決や、一人ひとりの望む生活を実現するための住宅のあり方を研究しています。住生活の真の豊かさとは何か、考えていきたいと思います。

研究分野

住宅計画、住環境、コミュニティ

経歴

大阪ガス入社後、リビング事業部を経て、現職。京都大学博士(工学)。一級建築士。神戸芸術工科大学非常勤講師、神戸松陰女子学院大学非常勤講師。大阪府住宅まちづくり審議会委員、神戸市住宅審議会委員、京都府住宅審議会部会委員、大阪市あんしんあんぜんマンション有識者会議委員等。

アウトプット

『都心・まちなか・郊外の共生』(共著/晃洋書房/2010年)
『住宅の近未来像』(共著/学芸出版社/1996年)
「共働き家族の生活と住ニーズ―実験集合住宅NEXT21における居住実験を通じて―」
日本建築学会住宅系研究報告会論文集4(2009年)
「住戸の空間配列の変更可能性に関する研究」日本建築学会計画系論文集(2009年)
「少子高齢社会における住宅計画の検討課題」日本建築学会住宅系研究報告会論文集3(2008年)
「『エンプティ・ネスト』期への移行に伴う住まい方と住ニーズの変化に関する
居住実験」日本建築学会計画系論文集(2007年)
「乳幼児期の子育てに起因するリフォームニーズ−SI型集合住宅における
リフォームに関する研究その1」日本建築学会計画系論文集(2006年)
「『個人化』に対応した住戸の空間配列と生活の適合性に関する研究」、
日本建築学会計画系論文集(2005年)
「実験集合住宅NEXT21における緑地の共同管理に関する研究」
都市住宅学会「都市住宅学」43号(2003年)
「Construction system and remodeling experiments-At experimental housing
NEXT21」The Conference of CIB W104 Open Building Implementation、
Open Building Tokyo 2000(2000年)

所長 池永 寛明
当麻 潔
小島 一哉
弘本 由香里
栗本 智代
加茂 みどり
鈴木 隆
奥田 浩二
松井 直央
遠座 俊明